diary, jimny JB43JB43

2月がちょっとだけ好きなのは、給料日が早く訪れるから。
そんな給料日。

いつからか、雀の涙程度の「年度末賞与」というものができた。基本賃金が低いから、モチベーションの引き上げとか、辞めそうな人の引止め的に支払われるもの、、、と思われる。たぶん。

その賞与は給料と一緒に振り込まれる。
金額を確認しながら、いろいろと複雑な心境になった。まぁ、貰えたことには素直に喜んで何を買うかに頭を悩ませよう。だから、貯まらない。

再来週末に今シーズン最後の雪山に行くことを目標に、現状の仕事をかなりハイペースでやっているわけだが、本日はジムニー君が車検から帰ってくるために早めにあがり、キャナスへ取りに行った。愛しのジムニー君はとても元気でした。

その足で、スタッドレスを見に行ったが、時間が遅くて店がやっておらず。
今週は週末土日も仕事づけだが、仕事の合間を練って暖冬で売れ残って安売りセールをやっている店にスタッドレスを買いに行こうとテンションが上がっている。てか絶対買う。

そんな感じ。

diary

昨日の帰り。

上野駅に着いたら、宇都宮線が運転見合わせとのことで高崎線で大宮まで移動する。大宮駅に着いてもまだ動き出しておらず、挙句こんなアナウンス。

「宇都宮、小山へ行かれる方は新幹線をご利用ください」

って、振替乗車券で乗れるんだろうかと思いつつ、またあの光景を目の当たりにする。

帰宅難民のごくごく一部のキッチリとスーツを着込んだ人間が駅員に鬼の形相でクレーム。毎度毎度の信号機トラブルは会社の怠慢だとしても、電車が動かないのは駅員のせいじゃないだろう、、、と1年のうちで何回か見かけるこの場面に遭遇し、改めて憤りと哀れみを感じた。

 
ムカついているのはみんな同じなのに、当たる場所を間違うのは、いつもオヤジ。
 
そんな場面に遭遇すると、電車が動かないということがそれほどムカつくことではなく感じてきてしまう。

 
昨日は大宮駅の改札の時点でまだ23時。金曜日の終電後のようなタクシー乗り場を横目に見ながら、振替乗車券をもらう。電車はまだある東武野田線へ移動する。懐かしい感じの野田線に揺られ、七里から徒歩。約30分。

今日。朝から幕張で打ち合わせのために、いつもより1時間以上も早起き。東大宮には自転車を置きっぱなしでの帰宅のために朝から歩く。浦和で乗り換え、南浦和で乗り換える。武蔵野線の海浜幕張行きを狙ってきたので、南浦和からは乗り換えナシで1時間で到着する。少なくとも南越谷で座れるだろうから、かなり眠ることができる。と思っていたら、東川口で座ることができた。

 
ドア近くの角に座ったが、この電車機密性が悪く、、、非常に寒い。とくに足が。
座っていても寒くて眠れないが、移動する空いている座席もなく、、、立てば寝られない。

 
打ち合わせが終了し、会社へ向かう電車の中。
子供を持つ友達が増加中だけど、馬鹿親にだけはなって欲しくないと感じた場面。

舞浜で乗ってきた子連れ。母親2人にガキ子供が2人。ガキ子供も相当にやかましいのだが、それを注意するもやめさせるもなく、それ以上にうるさい馬鹿親母親2人の会話と下品な笑い声。(まぁ、めんどいからと注意もできない俺は置いておいて。)

子供が騒ぐのは仕方ないけど、一緒になってそれ以上に騒いでいるのは、いつも若い母親。

自分もいつか、そのうち、きっと、たぶん、親になる日が来るかもしれないが、馬鹿親、ダメオヤジだけにはならないように、と強く感じた電車のお話。

diaryteamSKO

11時近くまで寝まくり。

11時36分東大宮発宇都宮線の最後尾でシゲと合流。
この男、今日は結構寒いのにかなり薄着。

大宮で湘南新宿ラインに乗り換え、新宿へ。
HMVでサーフィンDVDとかスノボーDVDなどを物色し、新中野へ。
にんにん宅で餃子パーティー。

13時過ぎに到着すると、餃子を包んでいるレイちゃんがいた。最初は手伝う気はなかったが、やり出したら夢中に。
いざ焼くって時になったら、前面に出て焼いた。

良くも悪くもミエコの血が流れているんだなーって心底思いました。

18時半ごろ解散。
新宿により、桂花でラーメン。コマ劇場裏の酒屋で買い物。当然、俺じゃないが。
が。アマレットがあったので買ってもらった。買ってもらったといっても俺は持ち帰るわけじゃないが。イベント時に持ってきてくれ、と。

で、帰宅。

diary, golfゴルフ

ゴルフに行ってきた。
よく考えると、社長と部長と課長と。

 
今回はジムニー君が車検中なので、電車で。
スタート時間が遅いこともあり、7時12分東大宮発の湘南新宿ライン。1時間17分の乗車。東戸塚で下車。オーワキさんに拾ってもらう。

 
芙蓉カントリークラブ。
風が強い。寒い。寒かった。

結果は64+59=123。
ちょっと前は110前後だったんだけどなぁ。確実に悪くなっています。

 
ゴルフ中ではないけど、微妙に年度末賞与について聞かれたり、くすぐったいような褒め方されたり。、でもこういう経験も必要なんだな、とか思ったり思わなかったり。

 
全部おごってもらったので、往復グリーン車で移動しました。

diary

かなり急な話、今週の火曜日に「24か25にみんなで食事」というお誘いがあった。

正直、あまり乗らなかった。
とくにメンバがイヤとか、企画がイヤというわけではなかったのだが、ノラなかった。

 
ある意味では「予定」があったからだ。 
誰と約束したわけでもない、自分だけの「予定」。
 
 
1月中ごろから、土日はどこかしらなにかしらやっていて、自分の枕で気の向くままに寝ていなかった。
それほど仕事は切羽詰っていたわけではないが、寝不足気味だった。

 
だから、先週に亀屋から帰ったときには
「今週末は家で寝坊しまくって、ゆっくり過ごす」
という予定を入れた。脳内予定表には太字で書き入れた。
3月はかなり仕事的に多忙が予想されるので、寝まくるのは今週しかない、と。

だが。せっかくのお誘いを断るのに「寝たいからNG」というのは理由としてはちょっと乱暴すぎる気はしていた。なので結局、「日曜の昼ならOKよ」という回答をした。軽く延期を提案してみたのもまた事実なんだけど。

そんなわけで、土曜日は確保できた。
金曜日はちょっとだけ夜更かしして、土曜日は思いっきり寝坊してやる。
そんな心意気だった。

心意気だった。
だった。
だったの。
 
 
 
水曜日に新規の案件の発注を取ることができた。まー大したことはしてないわけなんだけど、、、会社の上の方から声がかかった。

 
「土曜日さぁ、ご褒美にゴルフ行こう」

 
ナヌー!?!
まぁ、お声がかかること自体は多分非常に光栄なんですけど、寝るって決めただろ、俺。食事の誘いも「土曜はNG」って言っておいて、その実、寝ようろしていたろ、俺。ってか、本当に俺が誘われているんですか?

「なに?土曜日なんかあるの?」

「いや、、、寝たいんすよ。
昼までゆっくり寝まくって、起きてもまったりしていたいんすよ。」

「行こうよ、折角なんだから」

「んー、、、はい。
ちなみに、場所どこなんですか。」

「最寄駅はね、辻堂。」

辻堂。。。遠い。
ご褒美だから、タダなんだよね?
確認していないけど、お金払わなくていいんだよね?

 

いろいろな意味で、いろいろなことが不安でなりません。

diary

幕張に通った案件の発注が正式にかかり、抱えている案件が3つになった。

現行進めている案件は工程的には若干の余裕があるために、今回の新規案件をねじ込んでも大丈夫だろうと、いう目論見だった。この先どうなるかはわからないが、納期的には結構厳しい。もはや、とっちゃったものはやるしかないんだけど。

もうひとつは、去年の9月に納品して終わったはずの案件なのだが、だらだらだらだら仕様変更の要望を投げてきやがる。それをやる工数は俺にはない。が。他にやる人がいなくて、やらなくてはならない。とれる時間は土日しかない。、、、かなぁ。

毎年、12~3月のスキーシーズンには月1回くらいのペースで雪山に遊びに行っている。
毎年、そのテンションが薄れていく自分がいた。今年に入ってのどこかの日記でも書いたような気がするが、「いつまで雪山で遊んでいるだろうか」という自分の中での問いの答えは、時間経過でしかわかることができないと思う。

いつか雪山に行きたくないと思う時期が来てしまうことが、今は怖い。
それは、きっと「歳をとった」ということを、今よりももっと実感する瞬間だから。

と、思っていた。
が、なぜだか今年の今になって妙にテンションがあがってきた。
まだまだ雪山に行きたい。(まぁ行けてあと1回か)

 
そしたら、、、忙しくなった。
なんとかして、あと1回くらいは行きたいものだ。

diary

昼間幕張に行って、夜テニス部納会。

diary, jimny JB43JB43

昨日の帰宅途中、つまりは亀屋からの帰り道の話。

ホリウチを蓮田駅で下ろした後、ウチに寄る前に車検のために預けていたスタンドに寄ってもらった。昼に留守電が入っていたので、その内容は聞いていなかったが「終わった」という電話だとばかり思っていた。

車検は終わっていなかった。

 
スタンドの人が言うにはバンパーがダメらしい。
そこの公認車検工場の基準やら何やらで、ダメらしい。
ごねてみてもダメらしい。
純正のバンパーに戻せばいいらしい。

ものすごい不機嫌そうな俺に見かねた人のよさそうな整備士は
「私、手伝いますよ!」

と言ってくれた(言わせたのかもしれない)が、正直誰がやろうが、「純正に戻して今のヤツにまた戻す」というのがイヤだった。問い合わせしてもらったりいろいろ1時間近くのその場にいたわけだが、解決策が「純正」である限り、ここに頼むことにあまり意味がない。
また、ユーザー車検なら通るかもしれないが、そもそもそれができる暇がないから委託しているわけで。

とりあえず、激しく疲れていたこともあり、保留ということで昨日はジムニー君を連れて変える形で帰宅した。

 
今日。

ガソリンスタンドでも勤務経験のあるY氏に聞いてみたところ、民間公認でやっている工場はお上の信頼を失わないために、独自のかなり厳しい基準を設けているとのこと。
 
バンパーを購入した「アピオ」に問い合わせてみた。
「おかしいなー、絶対通りますよ。問題ないですよ。」
アピオでも車検はやっているが、如何せん、、、遠い。

次に、ジムニー雑誌で見かけたことのある白岡にある「キャナス」に問い合わせてみた。
「んー。アピオさんのなら通るね。とりあえず見てるから持ってこれる?」

 
脳内検討した結果、4駆の専門工場が「通る」と言っているんだから、もうそっちに頼むことにした。ということで、定時ですぐに帰り、先に依頼したガソリンスタンドへ行って収めた金額を返してもらった。
非常に、円満に。

次に、急いでキャナスに赴いた。社長はじめ、整備士が簡単にいろいろ見る。メジャーで全長を測る。ウィンカーの色を見る。ホイールを吟味する。

「んー。ぜんぜん通るよ。ウチでやっちゃう?」
「んー。お願いします。」
 

と言うことで、落ち着きました。
まーいろいろと勉強になった。

diary3B, RKD97, teamSKO, 亀屋

亀屋に行ってきた。 総勢16名。
マエザーさん、ミヤーマさん、オノーエさん、ジュンペ、ヤスダ、ホリウチ、スィガ。 レイちゃん、にんにん。 シゲ、モトイ君。 フネ、みろり、犬ヤロウ、けんちゃん。

16日、金曜日。

楽しみにしていた亀屋ツアーを明日に控え、前日であるこの日に同行するスィガとホリウチは我が家にお泊りの予定。スィガは家が微妙に離れているために、車で来る予定。
ちょうどいいことに、ジムニー君の車検が迫っていることから、この日のタイミングに合わせて車検に出す予定でもあった。

車検は近くのスタンドに頼んだ。車はなるべく早い時間に預けてほしいとのことだったので、定時にさっさと仕事を切り上げ、持って行った。スタンドからの帰り道は徒歩。すでに現地入りしているミヤーマさんに電話してみた。かなりお疲れな感じだが、それなりに満喫したようでテンションはそこそこ高かった。

今回の旅は人数が多く、方面もさまざま。
また、集合時間もバラバラ。

金曜日の朝から2泊で行くチーム。
金曜日の就業時間後に出発して、深夜に到着するチーム。
土曜の朝に出発するチーム。

いくつかあった懸念事項の1つに、深夜到着班の宿到着時刻にあった。
あまり遅くてもいやだったので、21時集合と仕事の都合も聞かずに決めた。そのために、きちんと集合したか、みんな会えたか、などとにかく家にいながらこまめに連絡した。そういう性分なので、とにかく気になってしまう。

21時13分。スィガより入電。「今から出ます」
21時半ごろ。M氏より会社集合の深夜到着班は予定が遅れている連絡を受けた。
21時40分。ホリウチよりメール「22:23に東大宮着です」

22時10分。M氏より魔の入電。

「大変申し訳ないんだけど」
、、、。きた。明らかに旅の話じゃない。アレだ。

22時30分。東大宮へ迎えに行く。
22時35分。ホリウチを我が家にウチで降ろす。
22時40分。単身移動開始。当然、AZ君で。
23時10分。浅草通過時にスィガから入電「今、家の前です」

23時30分。会社到着。本日2度目の出社。

俺のいない我が家に、後輩が2人。

17日、土曜日。

なぜか、会社にいた。2時間前の電話により、急遽やらなくてはならない仕事が発生した。連絡を受けた瞬間に、色々な考えが交錯しまくった。俺個人の旅のキャンセルで済むならいい話なら、心を決めてキャンセルする。

だが。

・俺のいない家には、後輩2人がいる。
・連絡を受けた時点で2人とも到着していない。
・朝になればモトイ君が迎えに来る。
・モトイ君と2人は面識がない。

何よりも「仕事のために急遽キャンセル」なんて、仕方ないとしても全体のテンションが下がるに決まっている。逆の立場であったとしたら、理由はどうであれ、きっとテンションが下がる。

どーすんのよ、俺。

電話でパニくる俺に対して、M氏はこう言った。
「不参加なんてしちゃダメだよ。朝までに終わらせて絶対行こうぜ。手伝うからさ。」

障害ならそれも仕方ない。だが、今回は要望。客というものは残酷で理不尽なことをあっさりと言い放つ。本当に今回のはムカついた。

仕事はなんとか2時半に終了した。
M氏を連れて、帰宅したのは3時半。
まだ、旅の準備はまったくしていなかった。風呂に30分つかり、準備を終えると4時半。

4時50分。モトイ君が迎えに来た。
もともとM氏は深夜到着班のはずだったが、付き合ったもらったためにモトイ君の車に乗ることになった。

8時過ぎ。亀屋到着。
9時半ごろ。ゲレンデに出かける。が、俺は寝た。
10過ぎ。朝班の2組目が到着。
11時。ようやくゲレンデ。睡眠時間30分はきつすぎ。
15時半。モトイ君と一緒にあがる。体がもたない。
17時くらいまでの小1時間の間、寝る。

21時ごろからだらだらと飲み会が始まる。面識もない面々たちが一堂に会したわけだが、意外と、いや予想以上に盛り上がってくれた。
24時過ぎで終了。その後もちょっとだけ話をしたが、25時半に就寝。

長かった2月16日がやっと終わった。

2月18日、日曜日。

8時起床。もうあまり滑る気はなかったのだが、みんなのテンションに引っ張られるようにゲレンデへ。
フニャツ家班は10時に亀屋を後にした。俺は13時まで滑る。

14時。亀屋を後にする。
14時10分。ユンパルに着くが、あまりの混みようにウチの車だけ帰る。
16時。上里でラーメン。
17時。東松山を降りて少し走ったところの銭湯に寄る。
18時半。蓮田でホリウチを落とす。
19時。帰宅。

さすがに今回は疲れた。
が。
何人かに、なぜか「楽しかったよ」と声をかけてもらったが、なぜかとても救われた気持ちになった。

diary

今日の朝8時前くらいに越後湯沢にいなければいけないはずなのに、、、、、なぜかまだ会社にいます。

diary

昨日の話。
プロジェクトの打ち上げと称してフロアメンバほぼ全員でいつもの焼肉屋「漢江」へ。
 

会社の何人かに
「今日が何の日かわかってるのか?」
と言われて初めて気づいたが、アレの日だからといって参加できないのはいかがなものかと。

ただ単にアレをもらうだけなんじゃないのかと勘違いしていたが、そうではないらしい。今日というこの日は、一緒にちょっとオシャレなディナーなんかを楽しむらしい。あくまでも「アレの受け渡し」なんてのは、口実で、理由づけで、アフターなイベントを楽しむための切っ掛けなんだそうだ。

と、推測してみたがどうだろうか。
もちろん、アレがナニで焼肉の企画を不参加にできないことを妬んでいる訳ではない。

決してない。

会社から神田へは歩いて行ったが、焼肉終了後にも例によって秋葉原まで歩いた。歩いているうちにテンションも再びあがってきて、秋葉原のカラオケ屋へ4人で入る。古きよき時代の懐メロでキューを埋め尽くした挙句、最後は面倒だと以下のようなキューを入れまくった。

 1) 1990年ヒットメドレー
 2) 1990年ヒットメドレー2
 3) 1993年ヒットメドレー
 4) 1996年ヒットメドレー
 5) 1993年ヒットメドレー2
 6) 1998年ヒットメドレー

しかしながら、終電が一番早い俺はメドレーの3曲目であえなく御用となった。
途中退室である。

こういうときに船橋が恋しい。

diary

プレゼン。
ここのところ、毎週通っているが船橋が懐かしい。