diaryint165

出社日。
代休はないし、休めば欠勤扱い。朝から夕方までみっちり。
さすがに人数多いなぁ、と。

天気はあいにくの雨だったけど、すごくよかった。
お台場を沖からみながら、もんじゃやらお好み焼きやら。面子も場所的な雰囲気もあるんだろうが、楽しかったなぁ。

船の経験はほぼないから、船酔いしないかと懸念だった。が、湾内だし、鉄板と馬鹿トークに集中していたら酔うはずがない。ま、景色もあまり見ていないけど。

diary

あまり覚えていないと言う。散々周りに撒き散らしておいて、俺どうやって帰ったの?、と言う。
人がムカツクようなことを平然と言い放って、結構飲んでいたから、と言う。
人が嫌がるようなことを平然と行動して、いいじゃんそういう会なんだから、と言う。
普段、論理的な思考で物事を話す人が、まるでワケの分からない論理になる。

人の話を聞かない。
うるさい。
しつこい。
ウザイ。
鬱陶しい。

 
で。
あまり覚えていないと言う。

全ての飲む人がそうでないとは思うけど、そういう人間とはもう絶対に飲みたくない。
心からそう思った。

こっちは全部覚えているのだよ。

diary, jimny JB43, RedsJB43, Reds, RKD97

9時に起きて、タイヤ交換。
ようやく交換できた。が。
3本を交換して、4本目を持ち上げたときにかなりな違和感が。
明らかにエアがない。。

よく見ると、ぶっといネジが刺さっている。
MTの肉厚のタイヤだが、、、おそらくここから抜けているのだろうと。
3本交換しちゃったので、仕方ないので装着。

四駆にしてそのまま近所のタイヤ館へ。
走った感触はパンクですな。

結果、パンク。一応穴埋めしてもらって、2,100円。
3年使ったし、2万キロ以上走ったし、交換かな。溝はまだあるけど。

作業を待っている間に、12時くらいにウチにくる予定のミスターから連絡。
不本意にもタイヤ館で合流。

ウチでちょっとお茶して埼スタへ。

diary

業務的な「手順書」は存在するが、その業務背景や作業目的などの運用全体の仕様を記したものがどこにもない。どこかで聞いたような話。
どこでも聞くような話。

1つのアクションに対する根拠とか目的が明確でないために、それを紐解く作業に非常に稼動がかかる。かかり過ぎる。

ある程度想像できるような内容があれば、それに対してこちらから問うこともできるが、想像もできないような運用や規程や規則や管理方法などがある場合、先方から説明がないとどうにもならない。いわゆる「現場の常識」は第三者からは想像し得ない場合がとても多いから。

そういう現場に中途参入したりすると、作業と作業に対する巻き戻り感を強く感じるシーンに直面する。非効率極まりない。

運用や仕様などを理解するためには、その中に入ってある程度時間がたてば、書面などにまったく記録が残っていなくとも、それなりに分かってくる。
それでも、半年以上この場にいたとしても、昨日今日の段階で初めて知ることがまったく無い、、わけでないのが頭が痛い。

もうSEはしていないのだけど、、、。

どこかで聞いたような話。
どこでも聞くような話。

diary

1ヶ月くらい前から、微妙な板ばさみの立場にある。対象が女性で、そこそこサラっとしたような板ばさみであれば、人生で1回くらいは体験してもいいかな、とは思うが。いや、、、面倒臭がるな、きっと。

まぁ、そういう板ばさみじゃない。

 
 
人間社会だもの。やちを。

diary, jimny JB43, RedsJB43, Reds

どうも調子がイマイチよくない。季節の変わり目だからかよくわからないけど、今までそんなにヤワじゃなかったと思うのだけど。

金曜日、就業後帰宅途中。
今日(vs鹿島)と来週(vs大宮)のチケットを買いに行ったら、鹿島の方が売り切れ、大宮のほうはギリギリ。切なくテレビ観戦。

土曜日。
冬タイヤを夏タイヤへ変更するために、2階からせっせと4往復して夏タイヤを下ろす。我が家の駐車場はタイヤ交換には狭いので、家から20mくらいの空きスペースで作業は行われる。

が、その日に限ってその場所に軽トラが停まっており、付近の雑草除去作業をしている模様。仕方ないので、終わるまで待つことにしたが、、、、、薄暗くなっちゃって延期。

日曜日。
目覚めると、雨。夏タイヤは切なくも、来週まで玄関付近に置かれることが確定。とてもジャマ。

夜。テレ玉での録画放送を見ながら、イマイチな試合内容にモヤっとしていたけど、、結果2-0。行きたかったなぁ。

diary

1日を締めくくるのが風呂。
1日の汗と疲労を洗い流した体でないと布団には入りたくないので、どんなに時間が遅くなろうが、必ず風呂に入ってから寝る。この行動に体調不良以外での例外はない。 
家に帰ると、まず風呂場に行って湯を沸かす。
もちろん昨日も例外なく、帰宅後風呂場へ直行。
湯沸し器を起動!、、、しない。

あれ?

ボタンがいかれたか、いやしかしそこまで長く使っているわけでもないし。
とりあえず、キッチンの湯沸し器に移動し、起動!、、、しない。

あれあれ?

コンロの火は着くし、もちろん電気も通っている。
故障か。もしかして、昨夜の暴風雨の影響もあるのか。

 
帰宅後10分経過。23時半過ぎ。
スーツ姿のままで、湯沸し器メーカーのヘルプデスクに電話する。
24時間対応か。

マニュアルどおりらしいヒヤリングをされて、症状を伝えると、
「お伺いしないと分からないかもしれません」
と。ヘルプデスクらしい、エスカレ処理。

手足顔はゴシゴシ洗い、濡らしたタオルで全身を拭きまくって就寝。

本日。

出社直後にエスカレされた地域担当者から電話。
聞くと、昨晩から同じような問い合わせが結構あったらしい。

「暴風雨による、安全装置の作動の可能性が・・・」

 
根拠なしになんとなく感じてはいたけど、、、やはり。
 
リセットすれば直るらしいので、その手順を聞く。
ブレーカーOFF→ONらしい。

 
夜、会社からリモートで家の電源のリセットを試みたが、ダメな様子。

 
23時に帰宅。
なにやら湯沸し器は復活している模様。
聞くと、「コンセントが抜けていたよ」

ナヌー。

やっちまった。
コンセントが入っていないのに、「電源が入りません」ってヘルプデスクに電話するなんて、、、まるでパソコン初心者みたいだ。
そんな原因で風呂に入れなかったことに対して、非常にガッカリ。

そんなに簡単に抜けるのかな。たしかにものすごい風だったけど。
ともあれ、、、、風呂は最高だった。

よくありますよ。
その「コンセントが抜けていたよ」っての。
気づいたときの落胆といったら…。

しばらく銭湯通い…なんてコトにならなかったんだから、良かったじゃない♪o(^-^)o

でも、コンセント抜けててお風呂に入れなかったのは切ない(><;)

diary

久しぶりに口の中が荒れている。先々週からの風邪っぽいのを引っ張っているのと、先週、水木と連続飲み。
口内炎が2個と上あごが荒れまくり。

何を食べるにしても痛い。
でも、お腹は空く。
体は微妙にダルイ。

それなりに野菜は食べているから、ビタミンが極端に不足しているわけでもないと思われるけど、いつもより多めに食べてみる、、、がそんなに早く効果が出るわけでもない。

てなわけで、土日は引きこもり。
土曜日にちょっとだけ家を出たが、車を満タンにしただけ。

今日はと言えば、昨日に引き続いて寝まくり。
2月くらいに節約のための引きこもりをしたけれど、そこまでは寝なかった。
ここ最近の気温差と気疲れで、体にも疲れがきたのかな。

さっき、縦列駐車の我が家のガレージの2台の車の前後を入れ替えるために、今日初めて家を出たけれど、桜の枝にはもう葉っぱが出始めていた。

毎年毎年、雪山に行っているから、そのシーズン終わりの時期ってのも分かっていると思っているのだけど、、、なんとなしにちょっとずつシーズン終わりが早くなっているような気がする。温暖化かな。

あと何年かくらいで、「入学式と言えば桜」じゃなくて、「卒業式と言えば桜」になって、あと何十年かしたら、「入試と言えば桜」になってしまうのかな。この辺の地域(関東くらい)の話。

 
排出権取引とかどうなっているのだろう、とかね。

口内炎には、チョコラBB♪
いや、本当によく効くのよo(^-^)o

diary

電車の中でフレッシュな社会人らしき姿をチラホラ見かける。昨日の帰りがけにも明らかに「入社しました的」な若い人を見た。
小奇麗なスーツに名札をしていれば、そりゃ新人なんだなと思ってしまう。

それが1人でいればいいのだけど、どうやら同じ会社に入社して今日から同僚ですよ
、という感じのツレも一緒にいる。名札は付けていない。
これからの期待感とか不安感などを、お互い探りながら話しているのだろう、と。
 

教えてあげなよ、名札付けっぱなしだって。
 

言ってあげられないのか、言いたくないのか、その人が嫌いなのか、気が利かないのか。そもそも、実は罰ゲームでつけているからなのか、そういうファッションなのか、とかその他色々な考えが浮かんだけど、、、結局俺が下車するまでその人は名札を付けていた。

 
これからも同僚であろう2人の関係を気にしながらも、俺からは指摘なんてしないんだけど。

diary

社会人として丸7年が終了し、8年目突入。
去年までの状況であれば、「また1学年上がり、また1学年後輩ができた」という感じなのだろうが。今年はそのような実感がない。ああもう4月か、くらい。 
今年ほどその実感がない4月1日は初めてかもしれない。

 
それでも、いろいろな意味で状況は刻々と変化しつづけているわけで、いつまでも一緒にい馬鹿をやり続けたいなぁ、と思っている人たちがどんどん人生を固めつつあるのもちょっぴり切ない事実。いつかは自分も固まっていくのだろうけど。

 
あまり区切りを跨いだ実感がないけど、、、年明けとか、年度明けとかに毎回感じるのは、
「来年の今ごろは何をしているのだろうか」
ということ。まーこのテーマについては季節関係なしに考えるテーマでもあるけれど。
(もちろん、先々の目標は常に設定してあるけども、それは別として)

 
今、去年からは想像できないような所にいるし、来年は今から想像できないような状況かもしれない。もしかしたら就業意欲が無くなって、仕事をしていないかもしれない。
 
妄想は誰しもがすることだろうと思うけど、得てして描いた通りにはならない。

「3億円の使い道」なんて、1年のうちで何回も考えるけど、当たる訳がない。
(そもそも購入していないのだが)
 

自分のことが好きではない強い要素に「マイナス思考」がある。
「3億円の使い道」がポジティブなら、「未来の自分像」に関する妄想は激しくネガティブなケースが多い。

結局のところ、上を見るよりは下を見て生きている人間だから、これから起きそうな現実的な出来事の妄想は考えられる最も悪い結論を考える。(よくない)

その事象が発生したときに、最悪のことを先に考えているから、よっぽどのことがない限りは精神的な疲労は少ない。(あまりよくない)
 
期待しない分だけ、ガッカリしない。

でも、妄想した現実はこない。
妄想できるほど、なかなか簡単な未来はこないから、そこそこそれなりにボチボチと人生は面白いのかもしれない。

細く長くではなく、太く短く。
 

 
そういや、いろいろ考えたけど。

 ・1億円拾った。
 ・彼女と別れた。
 ・できちゃった。
 ・痔が治った。
 ・また退職した。

ま、平和で平凡な毎日で。
今年はネタなし。